店舗で全てのクレジットカードが使用できるわけではない▼クレカの加盟店舗は一般的にときには5を超えるクレジットカードの運営会社に加盟していますが、ちょっと不便ですが一軒一軒の加盟店で一切のブランドの所有カードが使用可能なわけでもありません。ピシマ

一例をあげれば昔からある店舗の際だとJCBマークの書いたそのカードしか使用不可なときもありますし、最近できたショップの場合VISAとマスターカードブランドの入っているもののみしか使用できない場合もよくあります。https://www.shikaku-king.com/gotouti/nikkoukentei/

ダイナースなんかのカード会社だったら、さらに決済できない状況が増えると思います。

どの所有カードが切れるかをどこで確かめたら良いのか?「ではどのようにして何のクレカが使えるか判断したら良いか?」というと、きちんとしたことを確かめるんだったら店舗の方にお見せしてみる以外にはないというのが残念ながら正解。

ただ大多数の店やフードコートにはお店のエントランスのところに切れるクレジットカード会社のマークがプリントされた認証ステッカーがあるから、「ああ、あのレストランではVISAカードが使用可能なのだな」といったことが分かりやすくされてるため確認していただけるとよいと思います。

とはいうものの、ちゃんと確認が出来ていない店舗のような場合にはロゴステッカーが貼られている場合でも「現在では○○クレジットカードはお受けいたしかねます」といったような答えをされてしまうなんてこともあるので冷や汗をかいてしまうこともなくもないですね。

欲を言えばできる限りより多くの加入店で切れるようにしたいのならば異種のマーク(国際ロゴ)がプリントされた一般的なVASA、JCB、アメックス、等のクレカを2、3枚契約するようにするとよいでしょう(例えば:VISAカードを持っているなら次は銀聯カード付帯のクレカを財布に入れておくなど)。

特に国内使用のみなら、VISA、MasterCard、JCBカードの3つのブランドが入ったカードをその都度持っておけば、返済状況に問題がない限り100%近くのカード決済可能店舗でなにがしかのクレカを渡すようスタンバイOKということになります。

クレカを使いこなして日々マイル取得を続けていくには、できる限り早めに少なくともこの3枚のクレジットカードを財布に忍ばせておいていただくようお勧めします。