交通事故に遭った場合あなたが被害者のケースでも相手方がミスをこれっぽちも認めないという事例は多く存在します。76-16-95

例をあげれば、意図的に起こしてしまったのと違い注意が足りなくて相手の自動車を追突された場面などに、水掛け論に発展する状況がありそうです。76-15-95

そうであっても現場で物損として片付けられ時間が経って体の痛みが出た際に、かかった病院の証拠書類を警察に提出するということは対処が遅くなる事はしょうがなくなってしまいます。76-13-95

それなら車の事故の過失割合の確定にはどのような基準が設定されているのでしょうか?正しく申し上げますと警察が認定するのは、交通事故の大きな過失が認められるのはどちらの車かということであって、過失の割合がどうなのかというわけではないのです。76-7-95

また、最終的に明確にされた事故の過失者が警察から明らかにされる事はという事は全くありません。76-3-95

それだから、過失割合は当事者の話し合いによって決められた、その結果が事故の賠償の算定基準になります。76-9-95

この場合に、当事者同士が任意保険に未加入の場合には当事者が真正面から相談を余儀なくされます。76-2-95

しかしながら、当然ながらこの交渉では、感情的なやり取りになる危険性が存在します。76-6-95

さらに、お互いの主張に差があれば万が一の場合、裁判沙汰にまで突入しますが、それは貴重な時間とコストとても大きなロスを避ける事ができません。76-20-95

そこで概ね各々のドライバーについている保険会社、このようにお互いの自動車の保険の会社に交渉を全て任せる手段を活用して、適切な「過失割合」を理性的に決めさせるのです。76-4-95

そのような場合には、保険の会社は前の自動車での事故の裁判が行われ、出た判決から決められた認定基準、判例タイムズをたたき台として推計と話し合いを交えてどちらに何割過失があるのかを決定します。

そうであっても自動車の事故の際には、不幸にも関わってしまったのか起こしてしまったのかには関係なく、真っ先に110番に連絡するのが大切です。

その後で自動車保険の会社に連絡して、この先のやり取りをお願いするのが順序になります。

状況に応じた仕組みさえ理解していれば双方の無駄な議論となる事を回避できるに違いありません。


76-1-95 76-18-95 76-5-95 76-12-95 76-10-95