自己破産の申立ては特定の未返済金を外して行う申し込みは通ることがありませんのでローンまたは連帯保証人が記載されている借入金をはずした自己破産に関する申告はできません。

住宅ローンがまだ残っているときに自己破産の手続きをした場合自分の部屋は没収されてしまいます故高額な住宅ローンを払いながら(自分の部屋を手放さずに)借りたお金を返済していきたい場合には民事再生の手段を考えるのがよいでしょう。

一方で保証人が存在している借金が整理されていない場合に、債務者が自己破産をしてしまった場合、保証人に対して督促が送付されるのです。

さらにあるいは、保有している財貨(持ち家、乗用車、証券または生命保険といったもの)に関しては、通常全部押収対象となるため、絶対に持っていたい財貨が残っている場合や、自己破産の手続きをすると営業停止に追い込まれる免許を使って給料を得ている場合ですと他の借入金返済のしかた(任意整理又は特定調停といった方法)を用いなければいけません。

あるいは賭け事や乱費などが原因で債務があるときには一番欲しい免責(返済義務のある借金を一切払わなくて良いことにする手続き)が受けつけられない可能性が想定されますため、他の借金整理の方策(特定調停手続、債権者との和解による任意整理あるいは民事再生による借金の大幅な低減)も視野に入れて考えることもあるかもしれません。