私が結婚をしたのはかなり若い時のことだったので、新婚当初はご飯も満足に炊くことができず、しょっちゅう主人に手伝ってもらっていたものです。 主人は結婚前は一人暮らしをしていたので、自炊や簡単な家事などは実家暮らしだった私よりも上手だったのです。 そのため結婚して最初の頃はご飯を炊くといったこと以外にも、洗濯物を畳んだり掃除をしたりといったこともすべて主人に教わりながら少しずつこなしていったものです。 ですがあれから十数年経った今では、主人は縦のものを横に動かすことさえしなくなりました。仕事から帰ってきたら座りっぱなしで、家事どころか身の回りのものを動かすことさえ私に頼む始末です。 だからといってそのこと自体に不満があるわけではないのですが、それでも昔はもっと手伝ってくれていたのになと思い、内心苦笑いです。 ただ主人がそんな風になったのは、甘やかした私にも原因がありそうです。こんなことならずっと主人に頼っていればよかったかななんて思います。