電子書籍とは実体が無い商品ですが、その特徴が実に利点となっています。 私は頻?に買い物をしていた時期によく本を購入していたのですが、 本って一度読むともう読まないケースがほとんどなのです。 そのために、本を読んだ後に処分に困ってしまいますし、 本を処分する時に一度しか読んでいないのに捨てるなんて勿体無い、 と非常に惜しく感じてしまっていました。 しかし、電子書籍ならば実態が無いので本を読み終わったら捨てる事もありません。 最近では電子タブレットが台頭し始めているので、 通勤途中にも電子書籍を読めることが可能になるのではないでしょうか。 値段も、実体がない分経費が安くなるのでそれなりに価格も下がるのでは、と思います。 電子書籍はぱぱっと読んでみたい本をよく買っています。 本とは異なり、実体が無いので読み終わった後にお金を無駄にしてしまった、 といった後悔もあまり感じられないので私としては結構好きな商品です。 流行すると良いです。